×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホーム >> 日記の過去ログ『オトシモノ妄想』
2008/04/15[火]

オトシモノ妄想





交差点のど真ん中。

注意を促す信号機の上。

徐に上りあがり、目の前に広がる天使達の後を追うために一歩踏み出した。

もうすぐ着ける、どこか幸せな場所にっ。

赤紫の階段を駆け上がり、蛍光色の黄色い扉を空けた先には何があるんだろう。

楽しみだ!とても楽しみだ!

だから早くこの階段を昇ろう!

そんな幻覚を見た子供がいたとかいないとか。



それで、あそこに、あれが。




2007/02/29[金]

オトシモノ妄想





道端に子供用の長靴が落ちていました。



「明日、遊園地に行こう!」

そういって、父は私を遊園地へ連れて行こうとした。

明日は私の父が私の父である最期の日だ。

だけど、雨だった。

「雨になっちゃったからしょうがないな、お散歩しようか!」

私と父は外で他愛もない会話をした。

その他愛のない会話をしている父はとても明るい表情だった。

その日の私にはいつも以上に明るく見えた。

「何してるの!?勝手に連れ出したりて!!何考えてるの!?」

「いや・・・あの・・・」

「こっちにいらっしゃい!!」

「やだ!!まだパパと一緒にいたい!!」

「だまりなさい!!」

母は泣き喚く私を強引に抱き上げると、父と私の長靴を残して家に向かった。

それ以来、父にも、長靴にも、会っていない。



それで、あそこに、あれが。




2007/02/28[木]

オトシモノ妄想





道端におわんが落ちていました。



「あんた!また生活費持ち出して!」

「うるせぇ!!酒が飲みてぇんだよ!!」

「だからって・・・武雄の学費はどうするんだい!」

「知るか!!」

「と、父ちゃん、これ、誕生日だから・・・」

「うるせぇ!!」

バチーン

その晩。

「ぐす・・・ぐす・・・ちくしょうこんなもの!!」

カランカラーン



それで、あそこに、あれが。



ホーム >> 日記の過去ログ『オトシモノ妄想』